以前の求人誌では、雇用主が求める人材の「性別」まで当然のように書かれていました。

かつては求人誌には、雇いたい人の「性別」まで明記されていました。

  • かつては求人誌には、雇用主が必要とする「性別」について、記載されているのが一般的でした。けれど現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、雇用時、男女差別がしてはいけないルールとなり、応募資格のなかに「性別」を明記できなくなりました。そんな変化があるものの、募集情報を出す側は、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。そんなわけで、実は男手を必要な企業に女性が応募してきたり、女性が必要なのに男性が応募してきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。もし、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と読み取ることが良いといえます。
  • 可能性を広げたいと考え、転職サイトを利用して自身が新たなチャレンジのでき…

  • 新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトを活用して自分にぴったりの将来性のある企業情報を調べているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録手続きを終え、その場で紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることが可能な公開求人とは違って比べようがないほどにとても質が良いといえます。かつ、あなたにフィットしたものをピックアップし、調査した上で紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望通りの紹介してもらえたりします。もし、同一の求人に行き着いたとしても、自身の力で手当たり次第に調べていくことと比べれば、とても効率的です。そのうえ転職を成功させる近道といえます。
  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をパスしました。そ…

  • とある古物商の会社で、書類選考に受かったので、相手方から面接の日時を指定してもらいました。しかし、当日、時間通りに行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていませんでした。しばらく待って、責任者らしき人が面接担当をしてくれたのですが、最初から最後まで、呆れるほどだるそうな対応の状態のままなんとか面接が終了しました。だが、予定日になっても合否連絡が一切来ず、こちらから問い合わせると「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、結局、届きませんでした。そこでまた問い合わせたところ、どういうことなのか、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまったのです。私はしばらく何も言えませんでしたが、内心、採用されなくて良かったとホッとしています。
  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

  • 最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。今の安倍政権下ではアベノミクス「三本の矢」といった新たに多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀による「金融政策」と相まって、財界・民間企業側からもあたらしい変化が具現化されてきています。それもあって企業のあいだでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」がかなり深刻な社会問題となっています。ここ何年かの間で「外国人労働者」の総数を高めていくと現内閣は方針として掲げています。こうした変化のなかで日本国内の雇用・転職事情も大きく変わっていくはずです。
  • 転職サイトおよび転職エージェントを利用して、転職活動される人は今では普通になってきました。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを使って、転職活動を行うことは常識になりつつあります。でも、ベストの転職先を探すにあたっては、転職フェアに参加することをおすすめします。多くの企業が一堂に会し、そこに足を運ぶことにより多くの企業について知ることができ、また、説明を担当するスタッフから、その企業の社風についてある程度は知ることができます。仮に、転職フェアに行く際には、面接に行くのと同じ覚悟を持って企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。それが功を奏してフェアでの交流の中で企業側から欲しい人材と思われれば、後日応募して本格的な面接時にとても有利になると期待できます。
  • 昨日転職のために人材紹介会社へと登録に足を運びました。

  • 一昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に出向きました。そのときカウンセリングの時に現れた担当者の雰囲気がどうも仕事に慣れていない社員のようで、こちら側が説明していることの2分の1も彼は理解できてないようでした。そのうえ「キャリアデザインに問題があります」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておくことが重要です」等、知ったかぶりに横柄に言い散らかすから非常にイラつきました。カウンセリングを担当する人はそこそこカウンセリングのスキルがある方にしてほしいものです。
  • 派遣で勤務しています。労働契約法のせいで残念なこと…

  • 派遣で働いています。派遣法とか労働契約法のからみで否応なく、ずっと働いていた勤め先での仕事の契約が終了します。同じく派遣で働いている人の中には派遣で就業している会社で直接雇用の待遇をつかんだ人もいるのですがその理由としては実際のところ仕事の腕とは関係なく派遣先上司へのあしらいが上手な方でお引き立てがあった様子。職務を遂行する能力よりも上司正社員を転がす能力の方が必要なのだろうと別の派遣の仲間と職場で愚痴る毎日です。