婚活をやっていき、結婚そのものに対して理想や想いなどを再認識する人も多いのではないでしょうか。

婚活(結婚活動)を通じて結婚に対して理想や想いなどを改めて認識する方も多いとおもいます。

  • 婚活をキッカケに結婚そのものに対して理想や想いなどを改めて認識する方もいるとおもいます。そして、成婚できるかどうかのカギとして結婚に対して情熱がどれだけあるのか?と結婚相談所のスタッフに質問されることがあると思います。そのとき、男性も女性もその時の自分の想いとして、「幸せな家庭を築いていきたい」「これから、大切に思ってくれる相手と長い人生を共に歩きたい」などと、答えるかもしれません。結婚を長い目で見れば一生、共に生活するのにどれだけ合っているか、「空気のような存在になれること」とも言います。しかし、実際は甘くありません。結婚して結婚に満足していない、失敗した、という人たちに、その理由を尋ねてみると、「旦那・嫁に対し関心がなくなったから」という類の回答がもっとも多いのです。
  • お見合いパーティーなどの結婚活動イベントでは必ずプロフィールカードが渡されます。

  • お見合いパーティーなどの婚活イベントの場では必ずプロフィール(自己紹介)カードが手渡されます。参加者が各自事前に記載しておきます。それが、話す話題を作る材料になるのです。ですので、他の参加者と同じようなことをうっかりと記載してしまうと、相手に与える印象が薄いばかりか他の参加者の誰かと混乱される可能性すらあります。私の場合男性からあとで称賛されたことで、私の得意料理が他の女性と被らず珍しいものだったということがありました。「肉じゃが」「ハンバーグ」「グラタン」などはとても良いイメージですが他の女性とよく被ります。私はよく「麻婆豆腐」「チャプチェ」などというような、食べ物を日頃から作っている人しか作らないような、若干ハードルが高いメニュー名を記載していました。もし、料理が得意なことを売り込みたいならば、本当の得意料理よりも、どのように印象づけるかも計画してからより印象付けられるものを記入する方が得策でしょう。
  • 「結婚願望があるなら、男の胃袋をつかめ」と格言のように言われていて、耳にした人もいるとは思います…

  • 「結婚したいなら、男性の胃袋をつかめ」と昔から言われていますが、それは真実ではないでしょうか。結婚したら、一つ屋根の下に暮らすことになるわけですが、そうなれば、もちろん、ともに食事をしていくので、やはり料理をするのが得意で家事が苦にならない女性が望まれるからです。ただし、「あなたの得意料理は何ですか?」と質問された際、カレーライス・パスタと返すのは避けるべきです。男性大半は、パスタでは充足感を得られません。そして、カレーライスについては調理時間がかかる割に、ありきたりな感じになってしまうので、余程オリジナリティのあるものでなければ得意な料理ですと言われても男性からの印象もあまり残りません。「どのような料理が得意ですか?」と相手に尋ねられたとき、おすすめするメニューは「親子丼」です。気取ったメニューでもなく、家庭的な温かい雰囲気がありながら、食欲をそそる見た目に仕上げるのは難しい料理でもあります。そのため、料理が本当に得意なんだ、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品でもあります。ですので、得意とアピールできるよう、練習してみてはいかがでしょう?
  • 私が結構長く結婚活動をやっていてハッキリ理解できた事があります。それが何かというと、…

  • 私が結構長い間、婚活をしてきて痛感しているのは、看護師と保育士のような職業は、男性受けが良いけど、それ以外の医療関係者や介護職員のような業種は異性からの受けが悪い、ということです。派手な雰囲気をもつ女性は敬遠され、地味で暗い女のほうがなぜかモテる。地味で控えめな雰囲気を持った女性のほうが有利になる。そのうえ、目に留まる美人より、ブスな人よりも、いい感じのブスがモテる、ということなんです。結婚活動目的で開催されるイベントや合コンの場では、上記のような共通項があります。「この人って、雰囲気が暗いし、見た目も地味だなぁ」と思っていても、「職業は看護師をしています」と一言言うだけで、男性からモテモテになれるから、面白いと感じます。男性はどうしてそんな気持ちになるのでしょう?少し前に合コンに参加した時、気の合う男性と出会えたと思った直後、その男性を遅れてきた看護師に取られてしまいました。思い出してみても、かなり悔しいです。
  • 婚活を真面目に考えている層のひとつが、シングルマザー、シングルファザ…

  • 結婚活動に強い関心がある方々といえば、シングルファザー及びシングルマザーに分類される人たちです。こういったケースだと、そこそこ経済力が人一倍あるなら、比較的、良い成果を出すのは難しくはありませんが、反対に経済力が平均程度である場合は、正直、独身者よりも厳しくなります。そこで、子供がいる男女に適したおすすめの婚活方法があります。一つは、相手を第三者から紹介してもらう方法です。子供のことを考えると、やっぱり人柄や性格を最優先していく必要があります。紹介だと、ある程度の情報は知ることができますから情報をもとにして、相手がどんな性格なのかが分かれば、スムーズな交際が期待できると思います。知人から紹介してもらう方法のほか、「結婚相談所」を出会いのキッカケにするという方法もあります。実績がある結婚相談所であれば、自身の希望にちかい相手を紹介してもらえます。
  • 結婚活動というものは、こうしなくてはいけないというルールはありません。

  • 婚活には、決まったルールはないです。だから、一人で動いても問題はありません。だけど、単独だとどうしても行動範囲が狭くなりやすいので、当然ながら異性と出会うチャンスも少ないのが現状です。自分自身が婚活しているという事実を誰にも知られたくないと思っているからあるからこそ、単独行動をとってしまうのだとは思いますし、その気持ちも充分に理解できます。だけども、もし、理想に近い相手と出会う可能性を高めたいと本気で考えるのなら、「結婚仲介業者」を活用するのが堅実です。また、一人で婚活することに比べたらはるかに出会いの幅は広がります。コストは必要となりますが、この先の未来を考えると、それを踏まえると、高額な費用というわけではないのかもしれません。
  • 長いあいだ、ともに生活している仲良しな夫婦のことを世間では、おしどり夫婦というが、…

  • 相当長いあいだ、ともに生活している仲良しな夫婦のことをおしどり夫婦というが、おしどり夫婦だからと言って、愛情があるだけでは良い夫婦関係が永続できるとは限りません。いかに相手の嫌だと思う部分を受け止められるかどうかも大切だったりします。結婚してもすぐに別れてしまう夫婦も、一番の原因となっているのは、パートナーを許せない何かがあるためでしょう、結婚したら、当然、毎日顔を合わせるので、彼氏、彼女ができても考えてみると、長続きしないことが多かったと自覚している人は、その相手の何気ないしぐさや口癖といったものにカチンときた場合、何日が過ぎれば、許せるのかどうかを試してみましょう。いくら時間が経過しても、イライラしているようでは、結婚生活には向かないかもしれません。もしも、相手の言動に引っかかる何かがある場合は、毎日のようにケンカが絶えず、息をしているだけでストレスに感じるかもしれません。