日本には昔から「石の上にも三年」という格言があります。

”石の上にも3年”という諺もありますが、「終身雇用制度」が過去の物となっている現・・

日本には「石の上にも三年」という教えがあります。昨今、終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」は決して珍しいものでなくなっています。とはいうものの、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、甘い考え方は禁物です。転職するには大切なのは適した時期といえます。基本として、現在の職場、仕事、会社に対して不満に思う点を10個程度、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうすることで、転職に役立ちます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、迅速に、より良い仕事ができるように頑張っていきましょう。

求人に関係する情報をチェックする折、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど…

求人サイトをチェックする折、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、はなから製造業はチェックしない人がいます。そういったことをしている人は、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解している可能性が高いです。製造業の求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる部署も相当数あります。ですが、製造業の仕事場自体、ビジネス街から遠いのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがマイナスに感じられるかもしれません。そうだとしても、自分のこだわりを捨ててみることで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

ほとんどの場合大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通なの・・

ほとんどの場合大企業は定期採用中心です。ですから、転職で入る事は中々難しいものです。加えて、都市近郊部~地方となると転職の見込みが高くはありません。例外的に、製造業の会社に関して言うと、地方の工業団地周辺に製造の拠点としていることもよくあります。そういった地方の工場は、事業分野の拡大などの節目に「中途採用」を積極的に行うので、そのタイミングを利用して転職するのも悪くないでしょう。地方の工場に転職したいなら、転職を希望する企業についての情報を事前に得ておきましょう。公式サイトをチェックし、スタッフの募集予定はないか、ちょこちょこチェックしておくと間違いがありません。

再就職の時に行われる面接時の身なりはクールビズで良…

再就職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズでお越しくださいと事前に言われる場合もあります。しかし、なかには、クールビズで面接するのは実際は悪い印象を与えるのでは?と感じてしまいます。クールビズについての迷いを抱いている人々に伝えたいのは、会社側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接のときは言われたことを実行したほうが不安要素がないです。色々考えて、真夏であるのも関わらずしっかりとスーツを着ると暑苦しく感じられます。ですから、企業側からクールビズで良いと言われたらクールビズで大丈夫なのです。

求人関連の情報では、ほとんどの場合、月の収入等が記載されています。

求人についての情報を見てみると、とうぜん普通の株式会社では月収が記載されているはずです。でもこの箇所をチェックする際は、注意深く確認する事が必要です。値だけでわかってしまわないほうが良いです。何故かというと場合によっては、月収のなかに「毎月30時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。残業代の金額を含めて計算することで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられるのです。このほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている所もあります。ですから、こういった可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

人生で初めて転職をするのであれば、頭に入れておかなければいけないの・・

生まれてはじめて転職を行う際、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を辞めたいかをハッキリしておく必要があります。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておいた方がいいでしょう。問題を解決できそうな企業を決定していくのです。卒業してからの転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、今の仕事を続けながら転職活動をしていくため、時間と体力が必要だといえます。それゆえ理由が明確にならないまま転職活動を行った場合、途中で息切れしてしまうことがあります。「ゼッタイに転職したい!」「現状をなんとかしたい!」という強い気持ちがなければ、転職活動を行うのは保留にしておいた方が良いです。

今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。

転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。ですが、仕事をしながら求人案件を見たり、応募の手続きをしたり、面接を受けるのは心身ともに消耗が激しいといえます。また、転職活動時は、今の仕事の同僚・上司たちにもバレないように振る舞わなくてはなりません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、書類選考をパスし、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、それとは異なり自分で直接、応募した場合でも、相手の会社からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると認識しておくべきです。