今の自身の職場や業務について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

今のあなたの職場・業務内容について多くの人は不満を感じていると思います。

今の自身の職場や仕事の中身について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自分の持っているスキルや仕事での能力をきちんと評価されていない」あるいは、「年収は平行線だし、将来的な出世も期待できない」といった不満が多くを占めると思います。しかし、気持ちは理解できます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、自らの持っている才能を実際よりも過剰評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。もしも、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「自分が活躍するための企業や職種がない」と再就職先が全く決まらないおそれがあるので、要注意です。という事態に陥りがちです。ですから転職活動をスムーズに行うためには、自身の能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を渡された・・

転職の面接などにおいて担当者に名刺を手渡されたら、あなたも同様に名刺を渡すべきであるのか?ないのか?とどちらが正解かわからない場合おおむね差し出す必要のないもの、と覚えておきましょう。転職のための面接に関して言えば仕事の内ではなくて、就職活動内のことになるのです。ですから普通に考えれば名刺を交換する時とは異なります。それに、あなたは立場上会社の人として出向いているのではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。そのため、もしも相手から名刺を渡さても、こちらとしてはもらうだけでよくて、相手側にあげることは少しもないと考えます。

人の紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

友人の紹介で転職先を見付ける人がいます。しかし、その場の労働環境、労働条件といった部分について紹介者からの口コミだけをあまり信じすぎてしまうのは、面倒なことになるかもしれません。そういうわけは一人の個人の口コミというのは、客観性に乏しいからです。紹介者にとって、今よりずっとベターな職場であっても、自分自身にとってはまったくそう思えない場合かもしれません。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけに頼らずに、最後は自分の目でチェックしておくようにしましょう。

転社を繰り返さないための打開策が一つだけあります。

転職を繰り返さないための対策は、シンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は容易に拾えます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動でも、精神面を鍛えられます。その最たる例は「海外に行くこと」ですね。海外に行くと、日本とは異なった様々な文化があり、刺激をたくさん受けることができます。ですから、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。帰国すると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、今までの面接とは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。ただし、退職間もないあいだは、精神的にまいっている人も多いので休暇も必要です。

転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない難問として…

転職活動における最後に残る厄介な問題として、現職の退職があります。転職先の企業から採用の内定をゲットしたとしても、今いる会社があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくあるケースです。そうなった場合、「何を言われようとも絶対に退職する」という強い信念を維持することが大切といえます。会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を作成しておきます。そして、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と正直に伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において必要不可欠です。

新しい仕事で、それまでに培ってきたスキルを活かせられれ…

新しい環境下で自身のこれまでの資格やキャリアを存分に発揮できれば、即戦力として高く評価されて、即、仕事場にも馴染めるはずです。同時に雇用した側としても即戦力は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、難なく事が運ぶでしょう。加えてかつての職場と同じ業務内容なら見込みはおおいにあります。でも、ある程度の能力があるといっても大手の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)などは、いつの時代も、かなりの競争率となることを覚悟しておきましょう。

雇用期間にあるときは、可能であれば、周りの人に気づかれないよう…

就労であるのなら、可能なかぎり会社内の人に悟られないよう、(自身の転職活動では)在職期間中に転業の気持ちのみを早いタイミングで周りの人に仄めかしてみました。でも、その顎、求人情報を必死に色々とみていったのですが、悲しいことに就職先もタイミングさえも何も進めていたので、時間が過ぎてしまいました。そしてその傍ら、社内では業務の引き継ぎや手続き、自身の退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験したのち、次の就業先を再度探しました。