スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものよりも、…

転職活動を成功させたい場合、企業とのやりとりよりもどちらかというと「担当面接官」…

転職活動を成功させたい場合、企業そのものというより、具体的には「担当面接官」とのやり取りが重要といえます。しっかりと採用してもらうために、まずは肩の力を抜いて平常心で対応することを心がけましょう。例えればお見合いをする姿勢で向かうのも大事でしょう。また面接に進むとまずはじめにあなたの内面的な部分をチェックされるのでマイナスな印象につながる態度は気をつけてゼッタイに避けましょう。常識的な社会人らしい面接に適した服装で向かいましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、転職活動はかなり楽になります。

派遣社員としてある会社で働くことになりました。

派遣の仕事が決まりました。勤務の初日に派遣会社の営業担当者と就業先の近くのコンビニで落ち合うと約束をしていたのですが、なぜかコンビニの前にいないからコンビニの中に入ってみると、営業担当者はこともあろうに雑誌コーナー前の通路にしゃがみ込んでいやらしいグラビアのページを開いて閲覧しているのを発見しました。こんな担当の人の仕事なんて勘弁してほしいだと感じ、挨拶することもなくコンビニを出て直ちに派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

就職のため職探しをするときに特に注意が必要な求人は・・

就職活動をする際に気を付けて欲しい求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長いというものです。このような求人は、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースがとても多いのです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、例えばですが、30時間・45時間というように求人の内容に時間が書いてあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、あらかじめ給料に残業代を入れて計算しておくという仕組みです。(なお、これは合法です)例えば求人に『みなし残業代35時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」という話になるわけです。が、悪質な求人は、『みなし』という言葉自体が可能性もあるのでよく気を付けてください。

はじめて「失業保険」をもらう場合、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている…

生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、何もしなくても給付されると思っている人がかなりいますが、それは間違いです。実際には、失業保険をもらうためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、さらには、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月ごとにハローワークの職員と話し合いをして、真摯に就職活動をしていると判断されれば翌月の保険給付が行われるシステムです。もしも、本気で就職活動をしていないとみなされたり、月に一度の職員との面談に不参加な場合は、強制的に給付の一時停止に至ったり、ケースによってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないために注意してください。

これから先、転職活動をするという時は、気になった求人(もしくは業種…

これから先、転職活動をするのなら、気になる求人(もしくは業種)を見つけた際には絶対「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナスとなる面は、教えてはもらえません。もしブラックな面があるならインターネット検索によってカンタンに瞬時におおまかな実態を理解できます。そうした検索をしないまま、入社してしまうと、あとから入ったことを後悔してしまうおそれがあります。だいたい求人が出ていた理由が「業務内容が厳しく、なかなか人が定着しない」といったケースがかなり多いため、気になる業種や案件に関しては、しっかりチェックし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

転職のときに行われる面接というのは、中堅企業であ…

転職希望者が受ける面接では、小企業だったら大体は「人事」が面接担当ですが、場合によっては違うこともあるようです。例を挙げるとしたら、仕事を一緒にしていく作業部署の責任者、簡単に言えば管理職クラスである課長や部長が面接を担当することも少なくありません。その中でも事務系や営業系に転職する場合は資格での人を判断するのがむずかしいので、自信を持ち自分自身をアピールしていくことがとても重要になります。面接担当者から「この人はハッキリ自己主張できるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大切です。

私は20代のうちに転職を2回ほど経験して、現在、資格をゲットするべ…

これまで20代前半までに転職を数回で、いまは資格を手に入れたいので「派遣社員」で働くことにしました。フルタイムの勤務を選択しなかったのでやはり毎月の収入は安くなりました。ですが、心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事できれば良かったのに、とは思います。実際、そのような人を見ると羨ましく思ったりもします。以前までの私は自分と他人を比べてしまい、ガッカリすることが多かったのですが、現在では結婚を契機に生活自体がかなり変わり、以前よりも明確にやりたいことを見つけたので楽しく日々を過ごしています。