近い将来、社会ではより一層短絡的な労働は機械で処理されるようになっていき・・

これからの社会ではどんどん単純労働は機械化が発展していき…

  • 将来的に、社会ではより一層単純作業は機械化が進歩していきそして、そういう仕事をする労働人口はどうしても削減されます。なぜかというと、簡単な労働はヒトよりも機械を稼働させたほうが数段に能力が高いからです。例えば、数を数えたり同一の作業をずっと繰り返すのは機械にとっては問題ありません。もちろん人間とは違って愚痴を言わないし、ペースが変わることもなくずるもしない、正確な作業ですし、均一にこなせます。そして、人と違って賃金が発生しません。なので、労働力として生身の人間を使う意味が無さすぎるため、機械に移行していくのも当然の流れなのです。
  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、…

  • 失業時に受け取れる「失業保険」は、失業状態でない人はもらえませんが、延々と給付されるわけではありません。離職時までに勤務していた期間によって異なり、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、なんとこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき急いで仕事探しを開始しても条件のよい仕事を探すのは困難です。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった内容はだいたいバレると思っておくべきです。状況次第では、面接時にそういった質問をされるキケンもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、9割がた採用されません。
  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自身の意志が固いな・・

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。このときに相談といった形で話を持ちかけると、上司に必ず言いくるめられます。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、話がこじれて結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。退職したいことを当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、実際では退職届けを出せたのは同年の11月です。本来なら、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったのに、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。会社サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、さすがに上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでかなりなんだか愛想が尽きました。
  • 転職の際、派遣社員」で考えている人にぜひ注意して欲・・

  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に注意して欲しい点がいくつかあります。まずはじめに派遣社員というと、「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といった仕事をぼんやりと思った方がいるはずです。実は私自身もかつてはそう思っていました。今の会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「担当する業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。でも、実際に仕事に就くと、まさか「電話対応」にプラスして、辞めた正社員の穴埋め役を要求されました。毎回、あれこれ要求されますし、当初の説明とは異なる内容ばかりなので毎日全くわからないような内容でしたので、今は、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • 看護師という職の人の他の仕事に転職を決断する理由は…

  • 看護師という仕事の人のほかの職業に転職する理由はその人それぞれです。看護師が他の仕事への転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚で一人とは変わって出産それと子育て加えて家族の介護など、いろいろな変化によって働き方ができなくなった」「今の収入に大きな不満を感じている」といったような悩みがあるのでしょう。しかしながら、それでも「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、今一度じっくりと現状を見つめ直すことも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職する意味があるのか?」と再考し、決断すれば間違いが減らせます。
  • 転職する場合、転職後の給与を気にしすぎる人がそこ…

  • 転職を考えるとき、そこでの年収を気にしすぎる人が意外と多くいるでしょう。もちろんほとんどの人は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費のために精を出しているのだとは思います。年収は自分自身の仕事に対する評価という側面もありますから、当然大切に思うのは否定できません。とはいえ、必要である以上に年収というものに執着しすぎる生き方というのも人生を損してしまう気がします。それより年収に反映されない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは大いにあるものだからです。
  • 転職で仕事先を一新するということは、自分自身に合う自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い…

  • 再就職することで勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適合する居心地の良い場所を見つけたほうが良いということです。勤め先を変えれば、あなたに適した仕事に就くことができるかもしれません。とはいえ、良い面ばかりでなく転職先にふさわしいスキルがないと、転職自体が難しいです。違う言い方をすると、あなたの力量次第で、天職に就くことができる可能性も高くなる、ということです。今の時代は「職業選択の自由」が社会的にも認められていて、転職を決断しても偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。終身雇用制度がなくなりつつある今現在では「使える人材が欲しい」と思っている企業も増加していますので、この好機を生かしていきましょう。