このような話は従妹の旦那から聞いた話です。

こういう転職というのは知り合いからの話です。

  • こういう転職という話は兄の知人の話です。就職活動を始めて新卒採用にてなにがなんでも勤めたかった最終目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、ですからやむを得ず別の会社に就業しました。それから1年経った頃に派遣の求人のサイトで偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけて、いてもたってもいられなくなりその時働いていた会社をすぐさま辞めて、A社で派遣の仕事を開始しました。真面目に頑張ってその結果計画通りにA社で正社員になり、現在は仕事のやりがいを感じつつ楽しく働いています。
  • 転職のための活動を行っていて面接時に絶対に聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていて面接のときに高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、これとは違い転職理由についてストレートに話すのは得策ではありません。例をあげれば給料・待遇に対する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接官に悪い印象を与えるものです。とはいっても、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持つことが多いので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対して現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そしてさらに、この企業に入社してこんな貢献をしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、巧妙に話をすり替えましょう。
  • あなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい・・

  • もしもあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移り住んで、再就職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。ネット社会の今では転職サイトの地域指定をするだけで、国内のあらゆる場所の求人もいつでも簡単にアクセスできます。ただ、地方での求人については、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。ですので、求人情報サイトを活用するのは当然ですが、転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもマメにチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートの関連情報もアンテナを張っておきましょう。
  • 派遣会社で働いています。サイトを見ていて何の気な…

  • 派遣会社に登録して仕事をしています。サイト上で何の気なしに自分にぴったりの仕事を探して問い合わせてみると「その仕事はもう別の人が採用されました」とお断りされ一時的にサイト上からも仕事の情報が消滅するのですが、翌日見るともう一度情報が掲載されています。これは結局は私だとよくないのだという意味ですよね。そういうことならばカドが立たない程ではっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、そうするのは難しいのでしょう。それともひょっとして偽のお仕事なのでしょうか?
  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事をする前に期間があるのな・・

  • 今から転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、可能ならば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当ては勤めている会社が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすればだれでももらえます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、今の会社都合の退職、または残業時間次第で日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。さらに支給される「失業手当」の額は、会社で最後の勤務月の近々の給料がもとになって失業手当の支給する額を算出されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • 仕事を変えた場合には、大体の場合、それまでの会社の仕事は…

  • 仕事を変えた場合には、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事でのたいていの記憶は美化されます。本当は今の仕事に自分に合っていないと感じたから、次の仕事を見つけて思い切って退職を決め、転職を決めたはずなのに、気が付けばなぜかわからないけれど転職した会社よりも「前職のほうが良かったかも」と思い始めるのです。というのは極めて当然のことで、以前の職では日々の業務をこなすことに慣れきっていて事もなく日々の業務がこなしていたのが、もっとも理由にあるでしょう。実際は「どうして退職したのか」と本気で後悔するほど、過去の職場のほうが環境や職場環境も良いことがあります。
  • 転職活動を始めるにあたっては、最初に、公式ホームページ、求人票、パンフレットな・・

  • 転職活動を行うにあたっては、予め、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たりして働きたい会社の情報をチェックするはずです。ですが、当該会社が情報を公にする際には、、専属「コンサルタント」が手を入れている可能性が高いです。彼ら(コンサル)の多くは、会社にとって不利益となる情報を隠す特徴があります。たとえ公表する場合でも差しさわりのない表現をします。そういった社長の方針や社員の感想に関しては、それを事実として見るのではなく、疑いながら読むべきでしょう。仮に美辞麗句を信じて会社に入った場合、「こんな話じゃなかったのに・・・」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、そのあとは、あれこれと理由をつけて退社させないように謀略を練っています。この手のブラック企業には注意しましょう。