女性の再就職は、セクハラが社会問題となっている現代で…

女性が転職する時、今現在と一昔前では若干の違いがあるようです。

女性が再就職する場合、近年と一昔前では若干、違いがあります。過去には面接のなかで、既婚者なら出産の予定について一般的なこととして質問していたのですが、最近の動向としては、結婚や出産などについては、セクハラとして質問しない会社の方が増加傾向にあります。特に大企業ほど、この手の質問を露骨に避けるようになっています。ただ実際、面接する側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その人が、結婚した後も働きたい、出産後の具体的な対応を把握しておきたいとは思っているはずです。自らの価値観を伝えるためにも、自己PRや志望の動機と混ぜながら表現することで、面接官にもしっかり伝わり、また、疑問も解消できると考えられます。そういうわけで、たとえ、質問されていない箇所についても、こちらから気遣って話していくことを考えてみてください。

転職活動中は、そういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っている・・

転職先を探している間は、ついつい時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。でも、そのような生活を常態化させるのはキケンです。不思議なもので、気の緩んだ、ダラけた生活が普通になると、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。なので、いつの間にか働く意欲を失い、生活ができなくなり困る状況にも・・・。こうして、生活も仕事も悪循環になり次の職場を見付けることが困難になってしまいます。転職先が決められなくなるのは、もらえるお金を最優先に考えてしてしまうからです。もらえるお金を最優先に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。というワケで、お金に縛られないように暮らしていくためにダラけた姿勢は、転職活動中には必要ないのです。

現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ…

現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの請負をビジネスとする会社も増加しています。「特許」を出した経験のある人は、コンタクトを受ける可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を世に出したことのある人や、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、「業績」を残した人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。会社に在籍中に、ヘッドハンディングのようなことを言われた場合は、心当たりがないか考えてみましょう。そんなにはないことですが、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を請求する会社もありますが、完全に詐欺なので、きっぱりと断るようにしましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が負担するものではありません。

もっと良い企業がいいと転職活動をするとき、「1秒でも早く、…

違った職場がいいと転職活動をするときの場合は「できるだけ早く、内定(採用通知)を手に入れたい」と思っているはずです。でも、そういう気持ちで内定通知が得たいあまり、自分の能力に関して嘘をついたり、またその逆に自分を過小評価するかのような行動をするのはできるだけ避けておきましょう。焦ってしまう気持ちをガマンして、冷静に客観視しつつ、自分にピッタリな職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経験が活かせるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を選択してみましょう。

全くの未経験である分野などに転身したい場合には、自分が前の…

経験のない分野などに転身するときには、以前の仕事で、自分が身についた腕前やこれまでの経験が生きるといった内容の自己アピールが必要になります。初めての業種の場合、それだけその業界で今まで働いてきた人たちよりも不利な状態になりますけど、自分自身の持っている力がそこでも生きるということをしっかりと相手に言えば、戦えるケースも出てきます。それゆえに、経験が全然ないジャンルに挑戦する場合は、その分野と自分が今までやってきた職務とのつながりをできる限り見つけ出してみましょう。

看護婦という名前だった看護師は働く者として女性のとても多い…

前なら看護婦ですが看護師というのはやはり女性の割合がすごく大きい職種です。そして、気力あるいは体力ともに大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのため、職場の環境での対人関係で行き詰まったり、結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり取りづらい仕事ともいえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職される人が多い現実があります。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に悩まされています。ずっと、医療業界は、看護師を必要とする「売り手市場」であるため、転職の増加を後押しする原因になっているのでしょう。

再就職で面接で行くと必ずと言っていいほど問われる・・

転職時の面接で高確率で投げかけられる質問が前に働いていた会社を退職したことについてですが、このような質問に答える場合には話題を辞めた会社からそらしたほうが安心です。会社を辞めた理由が話の中心になると必然的に良くない面を含んだ話題になってしまいます。どのように進めればいいかというとどうして前の会社を辞めたかという点をこちらの会社にぜひとも入社したかった理由があるといった話にできたらベストという感じで、自己アピールもかねて今、自分が入社したい会社に話の方向をもっていくべきなのです。そのような話ならば、マイナス面を隠し良い印象を与えることができる前職を辞めた理由に変えることが可能です。