昨今では、株・不動産投資の不労所得のほかに自営業や起業といった形で生きる方法も人気です。

昨今では、株・不動産投資の不労所得、または個人事業主を目指す人も増えています。

  • 近年では、株式・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり、個人事業、起業等、そういったような世の中の変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は怖い」といった今までの考えも変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、安定しない株式投資や自営業よりも組織の一員として働くほうがずっと将来が安定していて、人が生きていくうえで正しい進路として、広く世の中に浸透していました。そんな成長期は過ぎ去り、今のような時代では「成熟期」といった名称で言い表されています。近い将来では、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

  • 転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載案件も多いので、…

  • 「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載される会社の数も多くなるので、2~3社ほど転職サイトに登録し、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、あとは条件に合った求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと転職情報の収集が容易になります。でも、初回は登録するのになかなか時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録を行う初回時、少々時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初の準備に手を抜かないことをお勧めします。

  • 転職期間中には、趣味に時間を費やしたり、体力を損なわない生活をしておくと…

  • 転職先を探している期間は、自分の趣味に時間を使ったり、体力を損なわない生活をしておくと良いです。会社が決まり、仕事復帰した時に、趣味に夢中になっていたおかげで知らない間に集中する力が高まります。また体力アップしていることで他の社員さん以上にスタミナがあるということを認識します。そのため、退職してからの生活は、自分が興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力アップを図ることをしておくのがベストです。この先、職場にてあなたと同様の趣味の人と出会えれば、話が盛り上がるので、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 勤めていた会社で嫌な感じの上司の存在に困惑してしま・・

  • 在職していた会社で嫌で反りが合わない上司に神経を使い、ついには我慢ができなくなり退職し、同じ業種の別の企業に働き先を変えました。その会社ではパワーハラスメントもなくきわめて満足の日々でしたが、緩やかに会社の売り上げが少なくなりついにはある会社に経営統合されることになりました。その経営統合した先の会社が驚くなかれ前にいた会社で、それどころか感じの悪かった上司がまた私の上司となることに。どれだけ縁があるのでしょうか。もちろん新規の転職活動をスタートしています。

  • 再就職を考えたとしても、あらゆることがうまく進行…

  • 転職を考えたとしても、全部が順調にいくワケではありません。もしも転職するのなら、どのみち転職をしなくてはならないなら若い間にできるだけ早く行動に移すべきでしょう。大半の場合、20代の若いうちはかなり有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってしまうと転職活動全般は、かなり厳しいものと理解しておくべきです。もしもあなたが、管理職など、重要な役職を担当している場合、転職を意識していても現在の会社に居残ることも選択項目から外さないほうが良いです。要するに、退社してから転職活動を開始するよりも、現在の会社に籍を置いたまま転職活動されるのが賢明といえます。

  • シフトの仕事に関する話なのですが、決まった曜日に仕事できる人を募集する求・・

  • 「シフト制」の仕事についてです。決まった曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方、休む方法については、前もって尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去に、産休で休む人の代役として、正社員として就職したのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。産休に入った前任の方が土日に必ずでれる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際土日に外せない用事が入ることもあり、シフトを変更してもらわなくてはならず、上の人たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返すと本当に腹が立ってきます。

  • 転職することを成功させるためには、前に行動をするようにしなくてはいけません。

  • 転職を成功させるためには、最初に行動をしなくてはいけません。それにはインターネットを見るとどれほど小さな会社であっても公式ホームページを開いているというのが普通だから、ネットを使って自分が気になる点を調べておくとそれとその企業のなんだろうと思う点などをチェックしておくと転職に役立ちます。加えて公式サイトのほかに、「転職サイト」を利用するのも有りだと思います。また、インターネット以外の手段として、転職の候補している職場を自身の目で判断してみましょう。