先週転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に出向きました。

先週転職の準備をしておこうと人材会社へと登録に向かいました。

3日ほど前新しい仕事先を探すために人材会社に登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングに出てきた担当者の雰囲気がどうも大学卒業後まもない社員のようで、こちら側が説明している話の5割ほどもその社員はわかってはいない模様だったのです。そのくせ「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化することが必要でしょう」等、わかったように横柄にのたまうからとても嫌な気分になりました。カウンセラーはそれなりには仕事の経験がある人にしてほしいと思います。

ある会社に派遣されて働いています。

派遣で就業しています。派遣法や労働契約法のからみで残念ですが長い期間働いた派遣先での仕事を辞めなければいけません。同じ派遣である方の中には、派遣の勤務先から正社員のポジションをつかみ取った方もいるのですが抜擢された理由としては正直に言うと仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのご機嫌取りが得意な方でそれが採用の決め手となった模様。仕事の能力より上司のおじさん転がしスキルがいるんだねーと選考に漏れた別の派遣のメンバーと文句を言ってます。

日本には昔から「石の上にも三年」というコトワザがありますが・・

昔から”石の上にも3年”という格言があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は衰退してきています。「転職」を経験するのが決して珍しいものでなくなっています。けれども、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。転職しようと考える場合、大切なのは適した時期を見逃さないということです。はじめに、現在の職場・具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不服を感じる点を箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目はメモしてみてください。そうすることで、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、決断を早めにし、良い仕事を手に入れられるようにがんばりましょう。

求人関連の情報を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人・・

求人情報を見る際、デスクワークがしたいからと、はなから製造業をあまりチェックしていません。そんな人の多くは「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と誤解しているはずです。現に、製造業の求人であっても現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事といった人材募集に加え、購買、営業管理のような「オフィス系」に類する仕事がたくさん存在します。製造業の大半はオフィス街から離れているので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、それが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、そうだとしても、自分のこだわりを捨ててみることでよく考えた方が良いですね。

一般的に大きな会社は「定期採用」で人材を確保するため・・

一般的に見て大手企業は定期採用中心です。ですから、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。さらに、田舎のほうでとなるとその機会は少なくなります。しかし製造業関連においては、地方の工業団地で工場を構えていることが多々あります。そういった工場は、事業を拡大する際に「人員募集」を積極的に行うので、そういった機会を利用するのがベストです。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、希望する企業についての情報を事前に得ておきましょう。公式サイトを見て、求人がないか忘れずに確認しておくと間違いがありません。

転職時の面接に関してですが企業側からクールビズでもO…

職を変える際の面接についてですが会社側からクールビズでもOKとと伝えられる場合もあるようです。ですが、なかには、クールビズで面接するのは減点対象になるのでは?と思ってしまいます。クールビズに関する迷いを背負いこんでいる人に進言したいのは、会社側からクールビズで来ても良いとされた面接の際は伝えられていることをそのまま守った方が良いです。混乱してしまい、夏真っ盛りの時期にしっかりとスーツを着用すると逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと事前に聞かされたのならクールビズでも大丈夫というわけです。

求人広告には、とうぜん普通の職場では月の給料がしっかりと記載されていますよね。

求人についての情報を見てみると、とうぜん多くの企業では月収が記載されているはずです。しかしこの月収を調べれる時には、注意深く確認する事が大事です。多い少ないだけで判断しないほうが良いです。そのわけはひょっとすると、月収の額のなかに「毎月30時間の残業」を含んでいるかもしれません。残業代を含めて計算することで金額が高く見えるようにしていることも珍しくありません。また基本給プラス歩合給で、歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている所もあります。そうやって「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。