初めて転職を行うとき、頭に入れておくべきなのはどうして今の仕事を辞めなければいけないのか・・

人生ではじめて転職をするなら、注意しなければいけないのは…

生まれてはじめて転職を行う際、頭に入れておかなければいけないのはなぜ今の仕事を辞めたいかを明確にしておく必要があります。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。その後問題解決ができる会社を選択してみましょう。卒業してからの転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、働きながら就職活動を続けることから、時間と体力が必要です。だから明確な理由がないままに転職をしようとしたら、途中で挫折してしまうおそれがあります。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強固な気持ちがない場合は、転職活動を開始するのはやめておいたた方がいいでしょう

転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。しかしながら、仕事をしながら求人情報を探し応募したり、面接に行くのは心身ともにかなり骨の折れる作業といえます。加えて、転職活動中は、現在の職場の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、書類選考が通ってしまい、面接に呼ばれてから辞退すると面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを介して応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、自分で直接応募した場合も応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると覚えておきましょう。

新卒で入った会社を辞め、転職することについて退職した…

新卒採用で入った会社にさよならをして悩みましたが、転職すると決めました。退職したときは、非常に大丈夫だろうか、と悩みました。しかし、社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動をしていく中で気づき、自然と悩みが消えて、気持ちが楽になりました。1度、転職したことでふしぎなことに体が軽くなり、「自分のやりたいこと」を探すのが嬉しくなっていきました。いまだ「辞めずに続けることが普通」といったような転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私の人生においては否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。

より安定した人生を送ろうと正社員になろうとしている人は…

安定した人生を願って正規社員として働こうと思っている人はかなりいます。だが、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っても、正規雇用がうまくいかないこともあるでしょう。派遣社員の求人募集は結構あるのに正社員の求人に執着しすぎて、時間を空費している人が多いといいます。もしも、中々正社員としての転職が難しいのなら、準社員の求人募集にも目を通してみましょう。契約社員の募集を掛けている企業でも、成果によって数年で契約社員から正社員にステップアップを狙えるところもあるからです。採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかをヒアリングするようにしておけば後々の役に立ちます。

再就職する場合必ず書く履歴書や職務経歴書は、たいて…

転職をする時に絶対に準備する履歴書は、基本的には自筆ではなく、パソコンで作るというのが大多数です。今の日本社会では履歴書や職務経歴書はパソコンを使わず手書きで準備するというのが一般常識だと考えられていることも多々あるようですが、それは新卒の就活やアルバイトの時の履歴書であって、転職に関しては履歴書は絶対に手書きでないといけないとまで言い切ることはできません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を良しとする場合もありますけど、そうではない時がずっと増えてきますから、パソコンを用いて作成した履歴書や職務経歴書でも大丈夫な場合は意外にもかなりあるのです。

派遣社員であっても、契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで退職できるワケではな・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職活動したことで実感しました。私は結婚生活が落ちついたら、できればすぐに子供がほしかったので、妊娠するまでの期間のために1年半~2年だけ現在の会社で継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員よりも収入は少なかったのですが、やはり派遣社員という道を選びました。が、いざ入社してみると一緒に働く方たちは大多数のスタッフが派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣社員を選択しても、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。

就職活動において、年収を無視することは不可能です。

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。本当にもらっている年収よりも多めに申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、たとえ一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソはバレてしまうからです。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現職での年収を正確に申告し、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、今の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことはよほどのことがない限りありません。もし、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円であると伝えておくべきです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職を余儀なくされることもあるので、気をつけましょう。