コロナで失業、職を探す

長年接客関係で仕事を続けてきたのですが、年をとったせ…

長年接客関係で勤め続けてきましたが、年をとったせいか立ってする仕事は体力的にしんどく、オフィスワークへ転職することを視野に入れて行動を起こしました。事務が未経験となるとけっこう難しく、だから接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になろうと資格も取り個人医院に転職をしました。
コロナで失業、職を探す

もしもあなたが転職を視野に入れているなら、資格を取得しておくことをお勧めします。

もしもあなたが転職を考えているなら、「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、在職中に資格取得をしておくのがお勧めです。転職の際にあたって幅が広がるので、転職先を探すのが簡単になります。というワケで、在任期間中が資格取得においてのもっともよい時期といえます。
コロナで失業、職を探す

新卒で入社した会社を退職し、思い切って転職しました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、一歩踏み出して転職を決意しました。退職したときは、長い間悩んでいましたが、しかし、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用で働いている人ばかりであることを転職活動中に理解し、無意識のうちに気持ちは楽になりました。転職をしたことで不思議と前向きに物事を考えるようになって、「自分の好きなこと」を探すのことが前向きに過ごせるようになりました。
コロナで失業、職を探す

日本には昔から「石の上にも三年」という格言があります。

日本には古来より”石の上にも3年”という格言があります。現在、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」を経験する人が増え、一般的な事柄となってきています。そうではあるものの、当たり前に転職が可能だと思い込みうかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。
コロナで失業、職を探す

以前の求人誌では、雇用主が求める人材の「性別」まで当然のように書かれていました。

今までの求人情報では、募集条件の中に「性別」まで、明記されていました。しかし最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、雇用時、男女差別があってはいけないとして、募集要項の詳細に「性別」が無記載となりました。しかし求人する会社側には男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。
コロナで失業、職を探す

転職をするのに、会社を辞めた後でと考える人もいるでしょうが、…

転職をしようとするときに、まず会社を辞めてから転職しようとする人もいますが、そうならば会社がいつボーナスを出すかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスがもらえる企業はいくらでもありますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスの支給の日まで数か月しかないのなら、ボーナスをもらった後で辞める意向を伝えるというのもうまいやり方です。