コロナで失業、職を探す

先週転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に出向きました。

一昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。そこでカウンセリングに出てきた担当の方がどうも新入社員じゃないかと思う人で、私が説明したことの半分ほどもその社員は理解できてないようでした。そのくせ「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておくことが必要でしょう」等、ベテラン社員のように偉そうに言うから非常に不快な気分になりました。
コロナで失業、職を探す

転職候補となる採用面接での、してはいけないのは必要以上・・

転職先での会社での採用面接でのしてはいけないのは必要以上に猫かぶりをすることです。するとはっきり言って採用を勝ち取れないこともあり得ます。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「給与」など、通常であればちょっと聞きにくいことも思い切って尋ねておいた方が、最終的に間違いなく自分のためになります。
コロナで失業、職を探す

そのうちでも転職活動しようと考えるのなら、今現在の業務や・・

そろそろ転職しようと思うのなら、今の仕事・業務の何に対して不満を感じているのかを明確化する事が必要です。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。そもそも不満があるからこそ、転職したいと考えているのは分かります。が、「今の職場や仕事の客観的にみた問題点を書き出す」ことを大半の人はやっていません。
コロナで失業、職を探す

昨今では、株・不動産投資の不労所得のほかに自営業や起業といった形で生きる方法も人気です。

現在では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほか、起業といった形で生きる方法も人気です。あながち「起業することは不安定だしキケン」といった従来の見解も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、将来が不安定な株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも組織の一員であるほうが大いに安定していて、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認知されてはいました。
コロナで失業、職を探す

女性の再就職は、セクハラが社会問題となっている現代で…

女性が再就職する場合、数年前と近年とでは少し変化があるといいます。以前は面接の場で会社側から、結婚の予定や出産予定などのことに関して、普通に質問されることが多々ありました。でも、近年では、そういった内容は「セクハラ」にあたるとして、聞かない会社、の方が増加傾向にあります。
コロナで失業、職を探す

大好き、を仕事にしたいという風に思っている人は注意です。

自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は注意した方が良いです。私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが大好きだったのですが、それが理由で、過去には、飲食の世界で仕事をしていた時期がありました。そのレストランでの仕事内容は、そのレストランで任されていた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。
コロナで失業、職を探す

このような話は従妹の旦那から聞いた話です。

これは兄の友達から聞いた話です。就職活動を始めて学生時の就職活動でどうしても入社したかった憧れの対象であるA社で行われた最終面接で不採用となり、その後泣く泣く違う会社に入りました。1年経た頃に派遣の求人サイトをチェックする中でA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、じっとしていられなくなりその時の会社を即座に辞めて、派遣という形でA社での就業を開始しました。
コロナで失業、職を探す

もしも転職することを、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと・・

もしも転職前、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ると雰囲気が一変することがあります。周りとの付き合い方によっては、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。加えて、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽々しく「転職します」と口にするのは考えものです。
コロナで失業、職を探す

近い将来、社会ではより一層短絡的な労働は機械で処理されるようになっていき・・

将来、私たちの労働環境において短絡的な仕事は機械に切り替えられて明らかにそういう仕事をするマンパワーはどうしても減っていきます。なぜかというと、単純作業という観点では人間より機械のほうが数段に能力が高いからです。数量をカウントしたり、同じ作業を延々とリピートしたりすることは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人と違って文句も言わない、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できる強みもあります。
コロナで失業、職を探す

スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものよりも、…

スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」との勝負が大半といえます。面接で結果を出すためにも、初歩として面接の時間になる前に平常心で対応することを心がけましょう。例えればお見合いをするような意識で望むと緊張がとけるかもしれません。