コロナで失業、職を探す

コロナで失業、職を探す

近い将来、社会ではより一層短絡的な労働は機械で処理されるようになっていき・・

将来、私たちの労働環境において短絡的な仕事は機械に切り替えられて明らかにそういう仕事をするマンパワーはどうしても減っていきます。なぜかというと、単純作業という観点では人間より機械のほうが数段に能力が高いからです。数量をカウントしたり、同じ作業を延々とリピートしたりすることは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人と違って文句も言わない、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できる強みもあります。
コロナで失業、職を探す

スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものよりも、…

スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」との勝負が大半といえます。面接で結果を出すためにも、初歩として面接の時間になる前に平常心で対応することを心がけましょう。例えればお見合いをするような意識で望むと緊張がとけるかもしれません。
コロナで失業、職を探す

今の自身の職場や業務について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

今現在の自身の勤め先や業務内容についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。「自分のスキルや能力を真面目に評価してもらえない」よって、「報酬は上がらず、将来昇格する見込みもない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。しかしながら、気持ちは分かりますが、そういった不満を持った人のなかには自身の本来の才能を実際よりも過剰評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。
コロナで失業、職を探す

長年接客関係で仕事を続けてきたのですが、年をとったせ…

長年接客関係で勤め続けてきましたが、年をとったせいか立ってする仕事は体力的にしんどく、オフィスワークへ転職することを視野に入れて行動を起こしました。事務が未経験となるとけっこう難しく、だから接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になろうと資格も取り個人医院に転職をしました。
コロナで失業、職を探す

もしもあなたが転職を視野に入れているなら、資格を取得しておくことをお勧めします。

もしもあなたが転職を考えているなら、「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、在職中に資格取得をしておくのがお勧めです。転職の際にあたって幅が広がるので、転職先を探すのが簡単になります。というワケで、在任期間中が資格取得においてのもっともよい時期といえます。
コロナで失業、職を探す

新卒で入社した会社を退職し、思い切って転職しました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、一歩踏み出して転職を決意しました。退職したときは、長い間悩んでいましたが、しかし、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用で働いている人ばかりであることを転職活動中に理解し、無意識のうちに気持ちは楽になりました。転職をしたことで不思議と前向きに物事を考えるようになって、「自分の好きなこと」を探すのことが前向きに過ごせるようになりました。
コロナで失業、職を探す

日本には昔から「石の上にも三年」という格言があります。

日本には古来より”石の上にも3年”という格言があります。現在、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」を経験する人が増え、一般的な事柄となってきています。そうではあるものの、当たり前に転職が可能だと思い込みうかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。
コロナで失業、職を探す

以前の求人誌では、雇用主が求める人材の「性別」まで当然のように書かれていました。

今までの求人情報では、募集条件の中に「性別」まで、明記されていました。しかし最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、雇用時、男女差別があってはいけないとして、募集要項の詳細に「性別」が無記載となりました。しかし求人する会社側には男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。
コロナで失業、職を探す

転職をするのに、会社を辞めた後でと考える人もいるでしょうが、…

転職をしようとするときに、まず会社を辞めてから転職しようとする人もいますが、そうならば会社がいつボーナスを出すかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスがもらえる企業はいくらでもありますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスの支給の日まで数か月しかないのなら、ボーナスをもらった後で辞める意向を伝えるというのもうまいやり方です。